多汗症は病院での治療や手術で治せる病気です

多汗症

多汗症という病気があります。
これは、呼んで字のごとく、「必要以上にたくさんの汗をかいてしまう病気」のことをいいます。
人間は、誰でも体温調節のために汗をかきます。気温が暑い日に、汗をかくことで体温が一定以上に上がらないように防いでいるのです。ですから、汗をかくことは、人間が生きていく上で欠かせないことなのです。
しかし、多汗症の場合には体温調節に必要な量以上の大量の汗をかいてしまうのです。

とはいえ、人によって「汗っかきな人」と「あまり汗をかかない人」がいます。
同じ気温の室内で同じ運動をしたとしても、汗をかく量はそれぞれちがうでしょう。涼やかな顔をしている人もいれば、汗を全身にダラダラ流している人もいるものです。
こういった場合の汗っかきな人が、イコール多汗症なのかといえば、決してそういうわけではありません。汗をあきやすい人は、基礎代謝が高く、すぐにエネルギーが燃焼し体温が上昇するのです。そのため、少しの運動でたくさんの汗をかくのです。
一方、多汗症の場合、その汗のかき方の性質が少し異なります。

多汗症は、自律神経の失調による発生する病気と考えられています。
日常生活に支障が出るくらいに深刻な症状に陥ることもあるため、病院での治療も勧められます。
精神的にもストレスになりますから、多汗症の疑いがあれば、一度病院で診断をしてもらうことをオススメします。

  • 手術で治す
  • 施術を選ぶときに
  • 全身線多汗症